プロフィール

れおな

Author:れおな
すっとこ星人で野蛮人
電化製品破壊系の魔法を使ってしまう魔女
旦那様の両親と同居生活
毎日のように事件が起きています


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


月別アーカイブ

02  10  06  03  10  09  04  10  07  04  03  02  01  12  11  09  08  06  05  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

リンク


お友達♪


最近のトラックバック


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただいまぁ!

月曜日に帰ってきました


母からの電話では末期の一歩手前で
治療方法は放射線と抗がん剤と聞いてたので
ネットで調べました
もしかして「小細胞がん」で「ⅢB」?と覚悟を決めて帰省しました


帰省した当日主治医から母の病状を説明を受けることができました
説明の結果、病名、病状はビンゴ!!
もの凄い勢いの進行性がある事、
母は食物アレルギーがある事、
薬に対してもアレルギーを起こしており
放射線治療はできるけど抗がん剤治療は全く出来ないとの説明で
余命は放射線治療の効き目をみないとわからないけど
長くはないとはっきり言われてしまいました
今後、意識が無くなったら延命治療をするかどうか
早めに決断してほしいとの事・・・・・・・・



覚悟はしていたものの厳しい現実です




母は検診を受けていて子宮がん、マンモグラフィも定期的に受けていました
最後の肺がんの検査は4ヶ月前
母もれおなも周りの人々も驚きとショックで・・・・



今は現実を受けとめ母の今後を考えなければならないのですが
もう残された時間も短いので急がなくてはと思いながらも
考えがまとまらずにいます(^^;;



入院していた舅は土曜日にやっと退院できました
まだ、人工肛門のケアが一人ではできなくて
姑が留守をするとおろおろしてしまいます(^^;;


こんな感じで忙しいれおなはさらに忙しくなってしまいました(´~`ヾ) ポリポリ・・・



あぁ・・・・・ゆっくり休みたい・・・・・・……(-。-) ボソッ


















スポンサーサイト

コメント

ごぶさたです

れおなしゃん。
なんと言っていいのか。
掛ける言葉を見つけられません・・・。

どうか、どうか、気持ちをしっかり持って。
ときには泣くことも大事ですよ。
れおなしゃんの笑顔を祈っています。
2007-11-27 11:07 | ruka #- URL [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007-11-27 11:11 | # [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://reonaww.blog52.fc2.com/tb.php/482-344d9897

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。